KYANOS-BLUE

作家、桜井亜美オフィシャルブログ。 作品の紹介、これからの活動予定などを綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

きっとみんな、この映画の音楽もすごく気になると思う。
主題歌「Rainbow Song」を歌っているのは種ともこさん。
予告編とかでもう、なんとなく耳にはしてくれてると思うけど・・・。
最初に聞いた時、種さんの樹里ちゃんの声質に似た歌声と、この映画
のために書き下ろしたんじゃないかと思うぐらい、あおいの
夢を追いかける生き方にあまりにもシンクロした歌詞やメロディ、
それでも手が届かないっていうせつなさに、思わず涙ぐんでしま
いました・・・・。
それに劇中で流れるピアノのインスツルメンタルも、すごくこの映画の
雰囲気にあってる抒情的な美しい作品です。
もうひとつ、クラッシックも大好きなあたしが以前から大好きで、よく
ピアノで弾いてた音楽が流れるんだけど、それは映画を見たときのお楽しみ。
音楽を決めるのは、映画の手触りを決めるすごく大切な要素だと思う。
じっくり聞いてくれるとうれしいです。




この前虹の女神を読みました。
14同様、今回はいつもと少し雰囲気が違ってて戸惑ったりしたけどなかなか切なくて良かったです。
学校のうるさい所で読んでて集中しにくくて泣けなかったんですが、映画を見たら泣けるような気がします。

2006.10.08 06:39 URL | 桜手鞠 #PVWK8hBo [ 編集 ]

今日、近くのTUTAYAに行ったら、虹の女神の予告が流れていました。これで、何度も観に行けます。音楽は、ストーリーをより表現する大事なものなので、もっとよく聴いてみようと思います。

2006.10.08 22:58 URL | miwa #- [ 編集 ]

「虹の女神」読みました・゜*。:゜☆
言葉一つ一つが胸に突き刺さって、自分の中の本当が剥ぎ取られてゆく感覚に襲われました。友達以上恋人未満。まさに私には家族みたいに大切な人が居ます。友達という枠に収まって欲しくない、だけど恋人という少しだけ寂しくなるような関係でもない。まるで自分の一部のような、私の五感のようなそんな人。もしも、その人があおいみたいに消してたどり着く事の出来ない虹のような儚い存在になってしまったら。そう思っていっぱいいっぱい泣きました。数日後、その男友達から「一緒に虹の女神見に行きたいんだけど、どう?」ってメールが来ました。きっと、私と同じ気持ちになってくれたんだって思います。どうしよう、本当に忘れられない小説が一つ増えました。嬉しくてしょうがないです。心から、大事にします☆
試写会が当たったので、公開前に見れそうです☆
音楽も全て、言葉も全て、目に心に焼き付けて来ます!!!!!!

2006.10.09 11:42 URL | ☆なおこ☆ #- [ 編集 ]

はじめまして。初めて感想を送ります。
私は亜美(勝手に呼び捨てにしちゃってすいません)の作品を読むときに気をつけていることがあります。
それは一気に読まないこと。
素敵な物語を読むときはもったいなくて終わりが来てほしくなくってちょこっとずつ読もう、と気合をいれます。
だから今回も初めのほうは受験勉強の合間にゆっくり読んでいました。なのでちょっと感想が遅くなってしまいました。

一番印象に残っているところはあおいの告白。
不器用なんだけどすごく可愛いあおいの言葉達にすごく共感した。
人を好きになる嬉しさと一緒に、想いが大きければ大きいほど怖いって気持ちもおおきくなる。そうやってあたしも何度も気持ちに鍵をかけてきたから、あおいとシンクロして涙が出た。
そのほかにも智也の後悔とかあおいのほんのちょっとの勇気を見るたびに涙が出た。

ゆっくり読んだなんていってしまったけれど、ラストは一気によみほしてしまいました。読み終わったあとは涙を流しすぎて水分が搾り取られたみたいになった。
ありきたりだけど本当に感動した。もうあおいがいないんだって事実に「if」という奇跡も願った。でもそんなことはおきなくて、その代わり智也の中にあおいが生き続けることを知った。

智也と一緒に絶望も、その先の光もみることができた。あおいと一緒にすごく切ない恋をした。あたしもいろいろ恋のことで悩んでいたけど、読み終わったその日の夜に少し前に進むことができた。(勝手な報告です笑)

キャストの皆さんを思い描いて読んでいったので、はやく映画が見たくてたまりません!特に蒼井ゆうちゃんのかながすごくみたい!!
だから絶対絶対、初日に見に行きます♪

これからもいろんな人の人生を描いて、亜美の世界をみせてください。応援しています。

2006.10.11 18:37 URL | 珠莉 #.PoHI0oM [ 編集 ]


偶然このblogを発見して
え?これ亜美が書いてるの‥とちょっと信じられなかった。アタシゎ亜美の書く せつなくて脆くて けど情熱が伝わる作品が好き。アタシゎもう忘れてたしまったモノばかりだけど、亜美の小説を読んで思い出すとハッとさせられちゃう(∩ω・`*) 今回の 虹の~ゎまだ読んでないんです。本を買ったまま‥映画公開までにゎ読んで、映画も観に行きたいと思ってます。

2006.10.12 00:51 URL | 來 #- [ 編集 ]

亜美さん

ほんと、音楽ってスゴク影響しますよね。
日常生活でも、BGMつけちゃってる私としては、
かなり大事な要素です。

んー、どんな音楽がついてるのか楽しみです♪

2006.10.12 10:10 URL | Aya #- [ 編集 ]

太陽、楽しめた。
虹の女神も映画館でみてみる。

2006.10.12 15:35 URL | こうくん #- [ 編集 ]

こんばんわ
はじめまして
虹の女神とMADE IN HEAVEN を読んでいろいろなフレーズがたくさん心にひっかかって時間と愛について考えてしまいました
あおいの最後のビデオレターの言葉とかぜみちの言葉が自分の中で重なって涙が出ました
時間は無限で苦しいものに思えて愛はただの言葉でしかないと思って、読み終わって時間の有限さと愛ってものの無限さを知って自分のからっぽさがくっきり輪郭を持った気がしました
自分が求めてる愛とかが表されてる気がして読み終わった後も虚空のなか考えました
私はまだ、愛の意味がわかりません
偽りとしか思えないから
でも桜井さんの本を読んで
愛の形が何か見えた気がします
もし、かぜみちやあおいのような愛が本当に存在するのなら触れてみたいと、少し希望を持ちました
こう思える作品に出会えてすごく感動です
ありがとうございました
これからも作品読んでいきたいです
初めてなのに長々と失礼しました^^


2006.10.13 21:09 URL | ちえ #ssIagi0c [ 編集 ]

プラスなにか面白いと思えることを少しずつ脳味噌に注入。

亜美さんはどうした訳か御覧になっていないようだから書いておくけど、小沢一郎さんってね面白いんだって。別に奇を衒う訳でもなく、なのにこちらが思ってもいなかったような想定外の返事をしてくる。だから面白い、と。

亜美さんが「○○!!」と云い切っちゃうとこ好き。どうしてもウジウジとしてしまう御自身を含めての決断主義なんだろうけど、そうやってひとつずつ歩を進めて来られたのかなと思えば流れ星じゃないけど愛らしく思えるし、また見習うべき点であると思う。

2006.10.15 01:45 URL | こうくん #SiKI9aDI [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.10.17 01:34  | # [ 編集 ]

『虹の女神』の映画見てきました。。

歌も頭に残ってるんだけど、一番残ってるのは『木星』だったりもする。
音も大きく乗っかってたので、グルグル。。
もうすぐ公開日ですね。。

試写会、老若男女の人たちがいました。。
お祖父ちゃんお祖母ちゃんの組み合わせを見ただけで、私ジーンとしてしまった;
彼らにも、色々あったんだろうなぁーって勝手に妄想膨らましちゃって。。『虹の女神』の力かな??

2006.10.22 08:33 URL | ヨギヲ #- [ 編集 ]

映画公開初日
"虹の女神"
観てきました。

ラストのシーン
泣けたなぁ。

今回は
ものすごく
"リアル"というか
すんなり
心が
受け入れることのできる
おはなしでした。

非常に
等身大の
人物を
えがけているなと。

この
"虹の女神"も
ラストの
終わり方が
きっと
納得できない人も
いてるはず
ケド
これが
桜井亜美さんの
物語だと
僕は
思えます。

主演の
市原隼人さん
上野樹里さん
ナイス
キャスティング
ですょ。

上野樹里さん
僕の
好きな女優に
ランクイン笑

きっと
誰にでも
この主人公二人
不器用な男女の
心の通い方は
経験しているのかも。

久々に
良い映画を
観ました。
この
世界感
とても好きです。


2006.10.29 19:10 URL | 将太郎 #qdBYaMzE [ 編集 ]









トラックバックURL↓
http://kyanosblue.blog45.fc2.com/tb.php/48-23e3e4fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。