KYANOS-BLUE

作家、桜井亜美オフィシャルブログ。 作品の紹介、これからの活動予定などを綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
  
  

  あの日、ほんとの願いに

  少しだけ嘘をついてた

  流れに身を任せて

  臆病な自分を守るために

  前を向いて、笑顔がにあう人にならなければ

  たどりつけない場所もあるのかな?

  

  分かってる

  自分が自分であるために

  なにより必要なのは強さだってこと

  でも、明るい笑顔のために置き去りしたもの

  今、ひとりで拾いにきたよ

  
  自分の世界を追いかけて

  誰もが一生懸命、早足で歩くから

  隣りに寄添う小さな影

  見ないふりしてる

  
  立ちすくんで足が前にでない

  勇気のなさが悔しくて


  弱さっていう

  重い荷物切り離して

  ひとりで行ってしまえば

  きっともう迷う事もないのに



  でも全部、君なんだね

  それはぜんぶ、あたしなんだね


  笑う君がまぶしいのは

  笑うことを忘れてた

  辛い夜を超えてきた君が

  その後ろにいるから




  詩じゃなくて、独白です。
  自分との約束、かな?
  書いてるうちにどんどん変わってく。
  みんなは自分との約束、ありますか?
  
  
  
     
 






LAST DIARY 表紙
         (最新刊「LAST DIARY」 幻冬舎刊行 単行本 価格952円)

       今はすごく孤独でも、自分は必ず誰かに愛されて守られてる、
       読み終わったら、きっとそんな気持ちになれる作品です。










   DVD「桜井亜美Film Book」 UPLINK FACTORYより  11月6日発売
   レンタルも全国TSUTAYAなどで同日から開始。

  (通販ぺージは http://www.uplink.co.jp/webshop/log/003224.php)




  「桜井亜美 Film Book」の発売を記念して渋谷のuplink Factory
  で特別試写会があります。10組20人を無料でご招待!
  ぜひ応募してください!
  文化村裏の新しいオシャレストリートで、ビルの中にはすてきなカフェもあるよ。
  くわしいことは↓
  http://www.webdice.jp/dice/detail/2063/









よし 手を繋いで一緒に よしにはなかなかふさわしいわたしにはなれないけど、置いていかないってずっと誓って ありがとう どんなことがまちうけているかわからないけど、2人だったら乗り越えていけそう 淋しいのはわたしも かけがえのない貴方だから一緒になりたい。

2009.11.11 00:42 URL | いちご #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.11.12 01:08  | # [ 編集 ]

わたしの自分との約束は

自分のルーツを忘れないこと。
ルーツっていうのは、
今までどうやって何をして過ごしてきて、
何に泣き、笑い、喜び、怒ってきたか。
でも、思い出せないことも今は多くて、
自分との約束・・・守れている自信はない。
毎日がすごく早く過ぎて行く。

それでも、これから、記憶の鍵を探しに行く旅に出るよ。

それがどんな方法かは、分からないけれど。
最近、一日の終わりに日記を書いていたら、その日の想いが沢山思いだせて、嬉しかった。そういうことを、増やしてみればいいのかも。「思い出してみる」ことを。


全てを覚えていたい位に、カンペキに何かを、忘れ去ることが
怖いのは、幸せな事があった時に、「これを
覚えていればこの先に、どんな辛い事が
あっても、生きて行ける」っておもうから。
飴玉をしつこくしつこく舐める様に、
記憶を、現実を味わう瞬間
からもうすでに、反芻している。
嫌な事でも、過去は全ていつか笑って話せる。変えられないことだかからこそ、許せる。
愛おしい。全ての過去を、力にして、わたしは生きている。記憶はどんなものでも、
自分の力になる。


弱さや、もやもやや、涙を、全否定はしない
ことも、私の約束。
悲しみに美をみつけること。
甘い涙。心が蕩ける。そういう
拙い強かさを大切にする、って約束。

いつでも笑顔で、強くて明るくて
前だけ向いて歩く・・・。
それも大切だけど、「弱くてもいいじゃん。
弱い人の、優しさは、強さと言う平和な武器」だと
思う。
前だけ向いて、笑顔だけで、明るく強く
いきるだけが、大切なんじゃあ、ない。
後ろを振り返って、泣いたり怒ったり、
暗くなって弱い・・・。
そんな自分や他人を、全否定しない。それが、約束。・・・守っているよ。
だって、それも、大切な経験値になるから。
ほんとうに、つらいことは実際あるから。
それで良いんだ。投遣りに諦めさえしなければ。泣いたり笑ったり。そうやっていきいきと生きて行きたいから。泣いたり笑ったり、の「泣いたり」、だけを、差別したくない。
愚痴を聞いてもらったら、前向きに
なれることもあるし・・・・。
目を塞ぎ、耳を覆うような
辛い状態の自分や他人に、
頑張っているっていう
美を見つけるときもあるし。

絶望も、見届けるよ。乗り越えるまで。
それも、約束。そこに美がある。


亜美さん、拾いに帰ったもの、大切に、大切にしてね。

2009.11.16 18:16 URL | 潤凛藍愛 #- [ 編集 ]









トラックバックURL↓
http://kyanosblue.blog45.fc2.com/tb.php/271-675d8e25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。