KYANOS-BLUE

作家、桜井亜美オフィシャルブログ。 作品の紹介、これからの活動予定などを綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
sukima neco帯あり
















すてきなお知らせ!

ついに文庫版「スキマ猫」が祥伝社から発売されました☆


AMAZONのリンクは    http://p.tl/slou
右→のBOOKMARKの文庫「スキマ猫」アマゾンのページ  からダイレクトに飛べます。



「いい子だね」「いい人だね」と言われることでしか、

自分を肯定できなかったホテルのコンシェルジュの主人公ヒビキ。

そんな自分の心のスキマをどこかでごまかしながら結婚をして

「いい人」の道を歩いて行こうとしていた。

でも難読症の治療をきっかけにテストパイロットの泉花と出会い

彼女の人生は急変していく。


父と娘ほどちがう年齢差の彼は、才能も魅力もある美しいモテ男。

でも、泉花には孤独を貫く事情があった・・・


エゴイストで自分が一番大事な猫のように、時には爪をたて、時には

思いっきりワガママにならなければ、この恋は勝ち取れない。

ヒビキは泉花の愛猫、クロエの不思議な導きを感じながら、「猫の愛し方」

を知っていく。


「いい人」や「都合のいい尽くす女」にさよなら。

時には愛するあなたの腕に、鋭い爪をつきたてて鮮血を流したい。

あなたがその痛みであたしをもっと愛するように。

名前を呼ばれても知らん顔で月夜の闇に消えていく。

あなたが私を探してせつない孤独を感じるように。

それか猫の愛しかた。

陰口を言われても世界中が敵になっても、あたしはこの恋に生きる。


そう決心したヒビキはクロエをこえて、彼のスキマを埋めるかけがえのない

存在になれるのか?







あたしの本のCMシリーズ、「禁触」に続く第二弾。

NYで撮影した「スキマ猫」のCMは着々と進行ちゅう

撮りたてほやほやのスチール写真と、素敵なスタッフを紹介

します。

撮影は平川俊夫さん。素敵な写真を感謝!!

















































いちばんうえはヒビキ役のSimone。香港生まれ、独特のオーラを持つ美女です。演技にすごい情熱を持ってて、撮影中、なんども彼女のエナジーにひっぱられた

2番目はイーストリバーに沈む夕陽を背景に、2人の愛が交差するシーン

そして3番目はアラン(泉花)役のAlan。ジョージ・クルーニーにもアル・パチーノにも似てる!!正統派ハリウッド顔(?)で、おとなのフェロモン全開のナイスガイです。ラブシーンでは彼の指がエロすぎて・・・。あとはCMを見てね!





















そしてすてきなマイスタッフ右から「イノセントワールドNYツァー」でダンスを踊ってくれたリエちゃん。めっちゃ頼りになります。今回は彼女なしでは撮影できなかったー。感謝!!  次はカメラのMIRA。こだわりのカメラワークがすてき。素顔はちょーキュートなガーリー映画少女。3人目のお茶目な男の子はJonathan・Alvarado。カメラや照明の知識ががすごく豊富で、MIRAとのコンビネーションは最高。最後はキュートなJonathan Law。10代に見えるけど25歳。物静かだけどここぞというとき、実力を発揮してくれます。





ビビッドな色彩と不思議な空気感。そして謎めいた猫クロエ・・・
「スキマ猫」読んでからCMを見るとますます物語に深く入れちゃうので、楽しみにしててね!









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。