KYANOS-BLUE

作家、桜井亜美オフィシャルブログ。 作品の紹介、これからの活動予定などを綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
sukima neko (4) (2)









わっと思うほど大きくのせてみた。

新刊の単行本「スキマ猫」(祥伝社)。
7月10日ごろから書店に出ます!

小悪魔な猫顔ナンバーワンのモデルはPrisila。

いつも以上に凝りに凝ったカッコイイ表紙デザインは
またもやroom-compositeのカイシトモヤさん。
ページを開くたびにあなたのキモチがつまってる!

夢を叶える仕事、大好き。
好きなものだけ追いかけて生きたい。

プライドは人一倍高くて
絶対にイヤなものはイヤ

たとえでっかい何かを得るためでも
媚はうらない。
愛想笑いもしない。
自分の力でとりにいく。

そんなネコ科女。

だけど自分が自分であるために一番たいせつなもの。

猫のように大好きな彼に愛されてごろごろいいたい。
猫のようにいとしい彼を愛してごろごろいわせたい。

そんなウソのない子猫みたいに素直な衝動。

ほしいものは

どんなことをしても手に入れる

愛する狂気に忠実な

やさしくてふわふわしてて、凶暴なけもの

そんな女になるものがたり

ちなみにこの小説を読んだら、いつのまにか最
強のモテ女、モテ男になってると保障します!

スキマ猫はぜったい狙ったスキマは外さない!

みんなはもし猫だったら、大好きな彼にどんなことして
みたい??



「スキマ猫」の予約は、右側のBookmarkの一番
下にあるアマゾン「スキマ猫」予約ページへGO!!









(wowowドラマ)

wowow「上野樹里と5つの鞄」やっと情報解禁!

五話目の「ある朝ひなたは突然に」(萩生田宏治監督)
の脚本を担当しました。

放送は10月1日・・たぶん(wowowのHPで確認してね!!)。

この作品は主演の樹里ちゃんをはじめ、萩生田監督、プロデ
ューサーとみんなでアイデアと愛情を出し合い、練っていって
出来上がったので、どのシーンもとても思い入れが深くて、
いとおしいです。
あの場面にもこのシーンにも樹里ちゃんのアイデアが生き
てるし、かかわったスタッフ全員の濃ゆい情熱エキスが、
とっても効いてる!!

20数分の短編だけど、樹里ちゃんもみんなも注いだ気持ちと
エネルギーは2時間の映画に負けない!!
あたしはほとんど全シーン、現場へ行ってたけど、このチームの
情熱と気合にはほんとに心をうたれた。

どのシーンも樹里ちゃんの大胆さと繊細さをかね備えた演技と、くるくる
万華鏡みたいに変化する眼差しの魅力に、視線がくぎづけでした!!

あたしは人に会うとき、眼を最初に見る。
軽い言葉とウラハラに、眼で強く訴えかける沈黙の言葉、すごくひきつ
けられる。

それから樹里ちゃんの自然な表情や動きの中にあふれてくる、リアル
な感情のたしかさ。

あのウィットとひらめきのある表現の個性は、樹里ちゃんにしかで
きい世界でたったひとつのオリジナルなんだと、改めて実感しまくり。

そしてフレンチのシェフ(パシリの見習だけど)姿、すっごくりりしく似合って
てカワイイです。


日々、忙しさにまぎれて忘れてる大切なこと、思い出すために必要なの
はなに?朝、捨てられてた子猫みたいに、自分の心の引出しにしまって
カギをかけてしまえば、いつか弱って死んでしまう感情のいとおしさ。

ヒロインと一緒にそんなささやかだけど、人生でいちばん大切なことを感
じられる、一粒で一万回楽しめるドラマです!!



ところで代々木上原のレストランで撮影させていただいたとき、お肉を
焼くにおいがあまりにもいい香りで、樹里ちゃんもスタッフも全員クラクラ(笑)

そして撮影後、お皿に残った料理があまりにおいしそうだったので、
あたしはスタイリストの袴田さんやヘアメイクの望月さんを強引に誘い、
「あのー、食べてみていいですかー」とあつかましくも味見してみた・・・。
どんな味だったか・・・・
それは見てのお楽しみっていうことで(笑

そして幼馴染のあゆむ役の濱田岳くん。今回、初めて一緒にお仕事
させていただいたけど、ぶっ飛ぶく゜らいいい演技してます。
「・・・・・」のシーンのあまりのうまさに、全員、衝撃を受けました!!(,ネタバレ自重)
濱田くん、かっけー。

みんな、ヒロイン、木村ひなたと一緒にこの「ずっと続く誕生日のループ」に飛
び込んでみてみてください!
きっと心に忘れられない何かが残るから・・・。

このドラマについては、不定期につれづれなるまま、書きたいと思います。





八月に出る「LAST DIARY」、ゲラをチェックしててまたもや泣いた・・・
ちゃくちゃくと、完成にむかって近づいてます。
「イノセント・ワールド」の単行本と同じ新書みたいなデザインになる予定。

九月の「乙桜学園祭」、みんなを驚かすようなニュースを発表するつもりです。
ふふふ・・・・。
ヒントはこのブログのリンクに隠されている・・・・。




マイケル・・・R.I.P

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。